間人(たいざ)の間人ガニは、松葉ガニ(ズワイガニ)の中でも、京都北部の丹後半島にある間人港で水揚げされたカニをいいます。 山陰地方の特産品でもある松葉ガニの中でも、特に有名なブランドカニと言っても過言ではありません。 間人ガニは幻のカニとして、カニ好きの間では有名なのです。 ごく少数の小型船で獲られている間人ガニは、水揚げ数に限りがあり、安定した量を確保できません。 けれど、その身詰まりは申し分なく、「一度食べたら忘れられない味」と称されるほど味が良いため、多くの間人ガニファンが存在しています。 食べたくてもなかなか食べることができない。 このようなジレンマから、幻のカニと呼ばれているのです。 また、間人ガニのブランドを守るため、その品質チェックもかなり厳しいものとなっています。 漁師自らの高い基準に基づいたチェックの後、船名まで記載された緑のタグが付けられ、選別(ランク分け)して競りへかけられ、さらに仲買人のチェックを受けるほど厳格です。 この幻のカニの味を堪能するためには、間人ガニの漁が解禁される11月上旬から3月下旬までに京丹後を訪れるか、やや味が落ちてしまうのを覚悟して通販を利用するしかないでしょう。